カテゴリー「歴史」の記事

2018年5月 5日 (土)

歴史戦隊出動!5月5日

4名にて、3時30分発。
最初は浜田城。最近、続100名城に選ばれてます。
平山城なので、軽く散歩して日本海と石垣を堪能。
次は益田の七尾城。この山城は普請がダイナミック!おすすめ。さすが国指定史跡。
畝状竪堀群は、必見。


1525521736305.jpg


ラストは、津和野城。さすが100名城。
リフトがあって、久しぶりに乗りました。
急斜面を楽々♪
帰りは、ちゃんと歩きましたけどね。
石垣は但馬竹田城を彷彿とさせます。
尾根先の中世吉見氏出城まで足を伸ばし、日暮れまで堪能(^-^)


1525521732112.jpg

1525521734995.jpg

1525521735642.jpg


2018年1月 3日 (水)

今日の城攻め 1月3日

再び九州直方へ。
鷹取山城と、福智山の遠景。
なかなか「比高」高し。


1514966936358.jpg

白糸の滝を見つつ、表記二時間の難コースへ挑みます。


1514966706881.jpg

がんばって、一時間で福智山の頂上へ到着。
体調も足も調子いい(^-^)
でも、風が強くて寒い。-4℃

1514966709034.jpg

1514966710430.jpg


1514966711930.jpg

そして、メインの鷹取山城を上から撮影。
ポイント探すのに、手間取ってしまった(^^;
お城の遺構は、中央の山のてっぺんです。
登り下り一時間ロス。
そして疲れた( ´Д`)

1514966713613.jpg

E-M5Ⅱでは、まぁまぁ綺麗に撮れましたよ。


2017年8月14日 (月)

歴史戦隊出動!8月14日

今年は、フルメンバーの5名で出動!
午前2時出発、美濃尾張を
うろうろ城攻めしながら、
15時頃、飛騨の下呂市に到着。
三木氏の桜洞城を探索。
三木自綱は、
夏の間は高山市の松倉城にいて
冬は下呂市の桜洞城を居城としたため、
別名冬城と呼ばれてます。
土塁、空堀、石積が少し残っている…。

1502873109741.jpg

1502873112064.jpg


下呂市は、日本で一番美味しいお米の品種が
発見された場所。一粒が大きくて「龍の瞳」
というらしい。
主郭跡の水田。右と左で品種が違う?

1502873114173.jpg


すぐ近くにある萩原諏訪城も探索。
三木氏を滅ぼした金森長近による築城。
織豊系らしく、石垣を多用してます。
でも、まるっこくて
かわいらしい感じ。

1502873115737.jpg

1502873117676.jpg

こういう石垣も、いいですね(^^)

帰り道に郡上八幡に寄って、
夕暮れをフラフラ散歩してから帰路へ。
郡上八幡は、見所がたくさんあり、
この様子なら
秋の紅葉シーズンがいいかも。
再訪計画考えよう(  ̄ー ̄)

2017年5月21日 (日)

今日の山城 5月21日

兵庫県 佐用町の利神城へ行ってきました。
但馬竹田城みたいな、絶景の石垣の城。
石垣がメタボライン(^^;
今にも崩れそうです。

1495351934788.jpg

1495351947883.jpg

2017年5月 3日 (水)

歴史戦隊出動!5月3日

カメさんの弁当を持ち、4時出発。
波賀城、若桜鬼ヶ城、二上山城、
以上山城攻略。3城共、約標高350~450m。
全ていい景色。
日本海も見えました!

1493809590799.jpg

あと、八頭で鹿ラーメンってのを食べました。
味付けがいいのか、鹿肉おいしい(^-^)

1493809592131.jpg

村岡陣屋等、寄り道しつつ、楽しんでます。

今日の朝ご飯 5月3日

本日は、早朝4時から歴史戦隊が出動です!

カメさんからの救援物資は、おにぎり&おかずになっております(^o^)v

拙者の好物、玉子焼きが巨大サイズで詰められております(笑)

安全運転で行ってきます(^-^)/


1493749535508.jpg

2016年1月 6日 (水)

歴史戦隊出動! 1月4日

4時出発で、愛媛県八幡浜方面へ向かう。

目的地は、飯之山城。標高321メートルの飯之山山頂。

奥の山です。

P1040248_3

8時過ぎに攻略開始。探したけど・・・登山道は見つからず。(T_T)

仕方ないというか、想定内だったので、最短ルートを直登だ!(-_-)/

P1040238


1時間あまりで尾根に出て、山頂を目指す。けっこう疲れたが、

ありました!堀切発見!廃神社発見!\(^O^)/

P1040239

P1040242

さらに探索を続けると、大穴発見!これは、落ちたらやばいです。

30メートル以上の、マンガン採掘坑道跡らしいです。 (^_^;)

P1040246

急坂にびびりながら、なんとか迷わず無事に下山しまして、

次の城に向かいます。

高知の秘境、明神山山頂付近にある、名野川城です。

天気に恵まれてるので、大チャンス、一気にいきます!

・・・4時間ぐらい?で着いたけど、これはだめだ、強風と氷点下っぽい気温。

写真撮るだけで精一杯。 (>_<)

標高1541メートル、この城跡は、高すぎる!

P1040253

雄大な景色には、感動しました!来たかいがありました。

かなり天候がラッキーでしたね。 \(^o^)/

P1040250


それぞれが大物だったので、今回は2城だけです。

筋肉痛になりそうな予感・・・。

2015年8月13日 (木)

歴史戦隊出動! 8月13日

今回の出動は…まず、軽く神山へ。悲願寺からの帰り、下分ルートが、けっこう手強い。 1439444423089.jpg 木沢のレッドデータリスト狸の燭台は、発見できず(T_T) 木頭村から、物部村、塩の道経由で安芸市へ。 1439444425134.jpg 1439444428226.jpg 1439444430204.jpg 1439444432670.jpg

2015年5月 4日 (月)

歴史戦隊出動! 5月4日

山中鹿之助銅像前。我に七難八苦を与えたまえと、月に祈った人です。でかいです! 1430699151016.jpg

2012年8月15日 (水)

今年のお盆 後編 歴史戦隊出動! 8月14日

今年のお盆も、打ち上げ後寝る間なく出動でしたね。

さて、車中どこに行こうかとなりまして、

今回はメンバーの宮○氏を、

途中で東京方面へ放流しなくてもいいという事(一度徳島へ帰る)なので、

まぁ西だろう・・・、と。

瀬戸大橋渡って、西へ西へ。

与島サービスで、カメさんの弁当をいただきつつ雑談中、

そういえば拙者、屋代島(周防大島)へは行ったことが無いとアピール。

みんな行ったことが無いので、即決定!

Ogata_cimg1132

屋代島は、瀬戸内では淡路島、小豆島に次ぐ大きさの島で、

何があるって、陸奥記念館ぐらいしか知りませんが、

釣りの世界では有名らしい。

山口県側から橋を渡って突入すると、なぜか島内はハワイ色。

道の駅では、アロハを売ってました。

なんでも、多くのハワイ移民を輩出して、姉妹縁組もしてるみたい。

海岸線を走っていると、進むにつれて廃屋が目についてきます。

日本一の高齢化地域らしく、新築は建ってない感じ。

島の東端に到着すると、陸奥記念館・水族館・オートキャンプ場等で

かなりの賑わい。テントで寝るのは好きですが、

夏のキャンプはエアコン付きのテントじゃないと嫌。

さて、本命の陸奥記念館は、こんな感じ。

Ogata_p1020215

当時世界のビッグセブンと呼ばれた、長門・陸奥。

ちなみに、あと3隻はアメリカ・コロラド級、2隻はイギリス・ネルソン級。

巨大戦艦って、どんだけ建造費かかったんでしょうねぇ。

そして、1121名と共に沈む・・・。

しかも、原因不明。 (u_u。)

Ogata_p1020205

Ogata_p1020206_3

水深40mぐらいなので、ダイバーにより調査・引き上げが可能でした。

船尾での爆発だったようです。

Ogata_p1020207_3

引き揚げられた遺品がたくさん展示されてました。

船体の一部も、引き揚げられてます。

Ogata_p1020217

帰り道に見つけた、村上武吉のお墓。

戦国期、日本一有名な海賊・・・九鬼嘉隆といい勝負?

毛利側の負け組なので、最後はひっそりと眠ってます。

九鬼氏は、大名として綾部・三田で幕末まで存続。

Ogata_p1020230

海賊としては、武吉のほうが好きですね。

海賊稼業も、環境に左右されます。

日本が統一されてしまえば、海賊は生きていけません。

戦国時代、瀬戸内で一番自由に海を楽しんでた海賊王なのかもしれません。

そしてその水軍戦法は、秋山真之が日本海海戦で参考にしたとも言われてます。

Ogata_p1020231

Ogata_p1020233

帰りに寄った、桜尾城。

厳島合戦のおり、毛利元就の謀略の舞台となりました。

城主・桂元澄の子孫、総理大臣・桂太郎により買い上げられ、

公園として整備されてます。城跡なのに、公園化しすぎの感あり。

Ogata_p1020247

最後は、今治城。5、6回以上?も来てるのに、昼間に来たことが無い・・・。

いつも、本丸は閉まっております。

ま、夜には夜の趣があります。ライトアップされてますしね。

Ogata_p1020258

築城した藤堂高虎の像。馬が嫌がっているように見えるのは、拙者だけ?

世渡り上手のイメージがありますが、主君に恵まれなかったのも確か。

主家が滅亡したり、主君が病死したり早世したりで浪人することが多い。

忠誠心もあって実力は抜群。築城の名手ですごい武将です。

しかし、あまりにも徳川家への忠誠アピールの逸話が多く、

家康の臨終間際に同じ宗派に改宗したりして「べったり」なのが、

イメージの悪い理由か・・・。

Ogata_p1020262

ちょっと不気味っぽい写真を撮って、今回の遠征は終了。

お疲れ様でした。

めちゃ眠い・・・。 (-.-)zZ

Ogata_p1020269

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31